2006年9月 8日 (金)

祈り

祈りは心の表現です。

祈りは、魂の表現です。

祈りは、清め、浄化です。

祈りは、光そのものです。

祈りは、心の響き愛を呼びます。

| | コメント (0)

2006年6月28日 (水)

窮屈な世界からの脱出

あなたの世界は広いか狭いか?

自分の世界を広くもってる人は、人付き合いも上手です。

あなたが今、自分を幸せだと思えないならば、あなたの世界が狭いことを意味してます。

世界が狭いと、人と接触する機会がない。

人と接することが苦手だと、だんだん世界が狭まっていきます。

世界を広くもつことは、その世界にいる人と接することです。

自分の世界は、自分も作っていることを忘れないでください。

物事がうまくいかない場合は、接する人と共有していることを思い出してください。

同じ世界を共有しているならば、認め合い、お互いの力を出し惜しみしない状況を作り上げてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

因果律からの解放

原因があるから結果がある。

これが因果律。

この法則に従って、過去の行いに対する報いがある。

という恐れ。

実は、これが袋小路に至る原因。苦しみのもと。

一段階上に上る。

体・心・魂を常にリフレッシュしよう。

自由とは何か。因果律からの解放。

罪に対する罰という形でしか、因果律を知らない人は悲しいのである。

同じことを繰り返す人が、そこから逃れるためにはどうすればいいのか。

毎日、プラスにつながる習慣を一つ身に付けよう。どんな小さなことでもいい。

人の不幸を見て、私はああならなくて良かったと感謝しよう。

自分が犯罪者にならなくて良かったと感謝しよう。

今日も、生きていて、おいしい食べ物が手に入る。そんな当たり前のことが出来ないところもあるのだ。

何故、平和という言葉が生まれたのか?

平和でない世界があるから。

本当に平和なところでは、平和という言葉は必要ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

スピリチュアル(密教って?)

私は、時々リンクの整理をしてるのを毎日見てるかたはわかると思います。

整理ポストは、削除予定のブログHPです。

21日に、密教って?の中で、スピリチュアル的なもののLV1からLV3で習得する機会があると思います。

って書いたのですが、ナチュラルにあったLADY NADAのMISAさんがものすごい勢いでスピリチュアリストとして覚醒しました。

LADY NADA オーラソーマ(エッセンス凝縮されてます)

備考、THOTHの森の緋彌華さんもヨガを通して感じ取ったようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

鏡の法則

鏡の法則(PDFファイル)

この鏡の法則は結構有名です。鏡の法則で検索すると1ページ目でこれが出てきます。

私は、PCに保存してあります。何回読んでも感動します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

時間

お気づきの方はいると思いますが、リンクの追加・整理を頻繁に行っております。

妖精・スピリット・ナチュラル・チャネルセラピーの区分けが明確になってきました。

妖精は、妖精・精霊・天使・神託(オラクル)及びそれに準ずるもの(えみる的要素)

スピリットは、芯のある人(自立している人)のブログ・HP

新しく、追加したKARAのHPは 体・心・魂を一体として考えたHPです。

私が、単なるスピリットや占いではなくて、いかに現実につなげられるかが課題だと思っていますが、その一例がここにあります。

レイキの説明でもわかる通り、天のことわり、地のことわり、人のことわりをいかにしてつなげられるかがテーマになってます。(私の勝手な思い込みが入ってます)

ある方がレイキは過去に光を届けるものだと解説してました。

この考え方も私はピッタリだと思います。

KARAはサンスクリット語で時間を表すそうです。

時間の神は何をしてくれるのか。

集中力。何かに集中している間、ほかのことには見向きもしない(気づかない)タイプの人がいますよね。

私もそういう傾向がありますが、集中がとかれた状態になると、ちょうど区切りがいい時間になってるのです。

簡単に言えば、オンとオフの切り替えがうまくいっている状態。

例えば、妖精と話せる状態と天使と話せる状態と普段の状態。

まだ、オラクルカードをもってないのですが、タロットとオラクルとオーラソーマではまた違った集中力を要するはずです。

その時により、集中していても、注意力を必要とする場合は、それに応じた集中をします。

ちなみに、今年も去年もタロットをしてません。

それは、タロットや水晶などは、媒体であり、道具でしかないという段階に入ってるからです。

先見、星見、時見。

でも、春分の日には、久しぶりにやってみようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)