2006年1月14日 (土)

共に手を携えて生きていく

人というのは共に手を携えていく生き物です。

イエス・キリストは隣人を愛せよといいました。

ここでいう隣人というのは隣近所という意味だけではありません。

あなたの手の届く範囲が隣人なのです。それはネット上でも同じです。

手をつなぎあえば、つながってない誰かとつながります。

イエス・キリストが完全なる人間として、光そのものである姿を具現化してくださいました。

そして、今の時代に求められていることは、皆が光の姿になることです。

以前、私が誰でも天使になれる素質がありますといったのはそういう意味です。

あなたが光の使者となりますと願えばなれるのです。

あなたの発した言葉が光の言葉となります。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年12月22日 (木)

ほほえみ

人間というのはかしこい動物です。

いつも笑顔でいれば、自分を攻撃する人はあまりいません。

疲れている人でも、笑顔につられて元気がでてくるものです。

微笑み返しで、さらにパワーアップします。充足感が得られます。

もうひとふんばりがんばろうと思います。

いじめっこでもいじめをやめます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

本来の自分

あなたにとって助けとなるものが理想の自分である。

本来、仕事というのは、あなたの助けになるようなものを選んでやるべきである。

そうすれば、おのずから必要なお金、物、人の流れができあがっていく。

あなたのハイアーセルフがあなたをよりよい方向に導いてくれる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

ハイアーセルフ

人はこの世(地球)に生まれるときに、ある程度の役割や使命を担って生まれます。

そのことを覚えてるのは、ハイアーセルフとよばれる、あなたの超意識。

ハイアーセルフのことを愛だと表現する人もいます。

ハイアーセルフは、あなたの過去から未来までを刻む、あなたの魂の記録(アカシックレコード)とのパイプ役です。

ハイアーセルフは常にあなたを正しい方向に導く答えを知っています。

あなたが正しくイメージして、思考として定着させたとおりに行動するならば、必ず道は開けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月28日 (金)

光の言葉(オリジナル)

考えてみてください。

エネルギーは消えてなくなるものではないのです。

質量にも保存の法則が働くように、エネルギーにも保存の法則がはたらきます。

すべては科学的に解明できます。ただ、人が物質のなんたるかを知らないだけです。

魂は進化するために、あります。この世界に降り立つことは、混沌の地に降り立つも同じこと。癒し、祈り、願いなさい。さすればおのずから道は開かれます。

人は堕落しやすい。人間としての生き方をはじめて大成したのが仏陀であり、その教えが仏教である。寺や僧に価値を見出そうとしてはいけない。それを伝えることに価値があのです。正しく伝えることができなければ、寺をいくら建ててもムダだし、僧侶が何人いてもムダなのです。

魂は無限の時の中にあります。そして、神も無限の時の中にあります。

人は進化して神に合一することができます。しかし、進化することを放棄して神と合一することもできるのです。人は神から生まれたということをどのように思うのか。これが命題である。

| | コメント (6) | トラックバック (0)