2006年3月16日 (木)

B105 アズラエル

B105の前回記事(澤 恵の猫が可愛い♡)

英国 TedFordにて G時間 3月8日15時22分に生誕。

簡易版(北緯51度、東経0度)

ASC 魚座 10度

太陽 魚座 17度32

月  蟹座 4度

水星 魚座 24.4651R

金星 水瓶 2度21.33

火星 双子 9度.2729

木星 蠍 18度5033R

土星 獅子 5度0520R

天王星 魚座 11度0634

海王星 水瓶 18度2312

冥王星 射手座 26度3747

ドラゴンH お羊 4度3001(DT 天秤)

MC  射手座 22度0203

現在、日本の方のHPで公開されてるのと少しズレが生じてます。

日本時間3月9日0時22分、明石でやると、日本の方の、月が蟹座8度になります。

英国本国の結果を待ちたいと思います。TedFordの正確な経緯度と精密な占星術ソフトならばより明晰な答えが得られると思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

暦(新年)

今年は、2月4日が立春でこの日から、東洋占いで言う今年が始まります。

今年の2月4日は、甲子から始まります。

甲子は、干支(10干と12支の組み合わせ)の一番初めです。

年の干支は60年周期でめぐってきますから、わかりますよね。

日の干支の甲子が、立春と重なる確率を考えると、立春は毎年太陽の位置によって決まるので2月4日だったり5日だったりします。

一年は365日だったり366日だったりします。(5日あまりもしくは6日あまり)

だから、甲子が飛ばされる可能性もあります。

今年は特別な年になります。

今年の節分には、しっかりと厄払いをしておきましょう。

本日1月29日が、太陰暦の元旦となっております。

太陰暦は、元旦が新月にあたる場合が多いので、元旦=新月だと思い込みがちですが、

実は、満月=15日にあわせて、そこから1日までさかのぼります。太陰暦が大の月、小の月がまちまちなのは、(29日、30日にするかは、)次の月の1日にかからないようにしてるからです。

西洋占星術では、春分の日(今年は3月21日)から新年となります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

西洋式インド占星術1

従来のインド占星術(27宿密教占星術)に関しては、

小峰有美子氏、鏡りゅうじ氏、そのた多数のかたがたの著書がありますのでそちらを参考にしてもらいます。

基本。

月が地球を一周するのにかかる時間。27宿に西洋占星術の月を対応させます。

まず3グループにわけます。

第一グループ(お羊、お牛、双子、蟹)

月が牡羊座に入宮する日から9日間。

第二グループ(獅子、乙女、天秤、蠍)

月が獅子座に入宮する日から9日間。

第三グループ(射手、山羊、水瓶、魚)

月が射手座に入宮する日から9日間。

なお、厳密に占いするために、個々人に応じた占命盤を作成したほうがいいです。

簡易版として、27にわけた占命盤は作成可能。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

西洋式インド占星術(序)

インド占星術(密教占星術)は、空海が日本に持ち帰ったものの一つです。

東洋占術は、1日ごとに変わる運命を予測します。

西洋占術は、度数で占います。

これをくみあわせて、新しい占いを打ち立てることが、とりあえずのわたしの目標です。

これを打ち立てて、広めることができる人を育てるかどうかは、そのときになってみないとわかりません。

旧来の西洋占術

アスペクト占い。0から180度までのアスペクトがある。

占いに使う星。内惑星、外惑星、小惑星を含めて10個から20弱。

新西洋占術。

アスペクト占い。0から360度までのアスペクトによる。

占いに使う惑星。臨機応変。太陽と月が最低条件。最大20弱。

旧来の東洋占術

1日単位の占い。太陰暦使用。

順序がたびたび、混乱する。

新東洋占術

1日単位の占い。西洋ホロスコープ使用。

ムーンボイドを適用。

大別して、上記2種類(または統合型)を使う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月25日 (日)

西洋と東洋のまじわり

歳星である木星で占う12支対応。

子 射手座(人馬宮:弓宮)   支配性 木星

     I see(理解:わたしはわかる)

丑 山羊座(魔かつ宮)   支配性 土星

    I use(使役:わたしは使う)

寅 水瓶座(宝瓶宮)     支配性 天王星;土星

   I know(認識;わたしは知る)

卯 魚座(双魚宮)    支配性 海王星:木星

   I believe(信仰;わたしは信じる)

辰 牡羊座(白羊宮)  支配性 火星

  I am(主張;我あり)

巳 牡牛座(金牛宮) 地 支配性 金星 

   I have(所有;わたしは持つ)

午 双子座(双児宮・夫妻宮) 支配性 水星

   I think(思考:わたしは考える)

未 蟹座(巨蟹宮) 支配性 月

 I sense(感応:わたしは感じる)

申 獅子座(獅子宮) 支配性 太陽

 I will(意志:わたしは志す)

酉 乙女座(処女宮) 支配性 水星

   I analyaze(分析:わたしは調べる)

戌 天秤座(天秤宮) 支配性 金星

  I weigh(比較:わたしは計る)

亥 蠍座(天蠍宮) 支配性 冥王星;火星

 I desire(欲望:わたしは求める)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

先達者と仲間達

先達者

るるらぶあ先生。

西洋占星術の基本はこのかたの著書から学びました。わたしは一回しかあったことありませんが、すばらしいかたです。

ルネ・ヴァンタール・渡辺先生

西洋占星術の大御所ですね。

秋月さやか先生。

西洋占星術に心理学をくみあわせた占星心理学の第一人者。

エミールシェラザード先生。

ルネ先生のお弟子さん。西洋占星術、タロット占いほか。

結城モイラ先生。

西洋占星術、手相術など。

ジョージ土門先生。

辛島宣夫先生のお弟子さん。エジプシャンタロット占い、西洋占星術など。

沖門土・海界めい先生。

お二人で西洋占星術、タロット占い。

石川げんこう先生。

ムーンボイドを発明したかた。

浅野八郎先生。

東洋占いの大御所。八層月占い。

前田美和子先生。

日本神道系。1霊4魂占い。カラー占い。

小峰有美子先生。

27宿・宿曜占星術。

現在活躍されている方。

小泉茉里花先生。

タロット占い。

岡本翔子先生。

アラン・レオ式西洋占星術。 エドガーケイシーの魂の占星術・訳者。

鏡リュウジ先生。

宿曜占星術。西洋占星術。タロット占い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

ムーンボイド

月は地球のまわりを27日弱かけて一週します。

月の満ち欠けは29日弱です。

ムーンボイド。

月が12の天宮(お羊、おうし座などのやつね)それぞれを渡り歩くときに1回づつあります。要するに28日間に12回ボイド時間があります。

12回あるボイド時間は1分で終わる場合もあれば、数時間に及ぶ場合もあります。

この時間帯には、風邪をひきやすい、事故にあいやすい、判断力がにぶるなどの状態になります。あとは、ぞれぞれの宮の影響がなくなります。これはラッキーDAYもアンラッキーDAYも打ち消されることを意味します。

わたしのところでは、

ボイド時間と星座、満月、新月、上弦、下弦、 太陽星座の移り変わり。

をメモ帳形式で書いてあります。

この月占いのTOPに表示されてます。

絵入りの時間。

チャネル・セラピーのリンクにある。

Shakti | Astro Calendar(ムーンボイドほか)をクリックすると、月のカレンダーがあります。

ここで、新月、満月、上弦、下弦の満ち欠け。それから、日付の一番下にボイド時間があります。この時間は各宮であるわけですが、その長さはばらばらです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

27宿天文学とボイド占星学

ボイド占星学の詳しいことは、石川先生のところをみてもらうとして、私がこのボイド占星術に出会って、何が変わったか。27宿天文学とのかかわりあいの生い立ちを語ってみる。

私は風邪にかかりやすい。季節の変わり目にいち早く風邪にかかる。抗体が一度できるのでその後しばらくかからないが、油断すると、めぐりめぐって最後にまたかかってしまう。

持病のてんかんが、東京に上京したおり回数が激しくなった。そんなおり、ボイド占星術と27宿占星術に出会った。風邪にかかりやすいは、ボイドの時であることが判明。ボイド時間にはてんかんの発作が起きないことが判明。この二つの事実が新しい27宿天文学を生み出すきっかけとなった。

ボイド時間というのは、29日間で12回かならずある。ボイド時間の終わりは、月が次の宮に入った時である。だからボイドカレンダは月のカレンダそのものでもある。

27宿占星術は、太陰暦をもとにしている。しかし、私の誕生日に月は奇しくも、うお座で太陰暦でもうお座であった。太陰暦をもとにするとどうしてもあわないのである。

何がというと、てんかんがおこる日にちの計算である。一月にきをつけなければならないのは、9日間(魔の一週間と、壊宿にあたる日)で、その前後12時間を含む延べ11日間になる。そしてこの9日間以外ではてんかんは起きないし、この9日間でもボイド時間にかかっていれば無効化されておきないのである。

ここで壁にぶつかることになった。27宿天文学(占星学)なんてものは存在しないから、いちいち自分でカレンダをつくり確かめねばならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月29日 (木)

タロット

私は小学校のころからタロット占いをしていて
そのころは、自分の感性にあうタロットカードに出会えて無意識のうちにそのカードを使って占ってました。
今だからわかるのですが、自分の感性に向いてないタロットがあることを知らないで育つのはいいことなのか、悪いことなのか。
タロットが好きになったことはいいことなのですが、当時は運命的にそれらの自分に適したタロットを選んでいたのです。
また、その日、そのときの自分の状態によってもタロットを変えてました。

風変わりなタロットもたくさん持ってます。
イーチンタロットとかです。

辛島行夫氏のエジプシャンタロットが私のお気に入り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月28日 (水)

占い

占いには、東洋と西洋の二つがあります。

東洋のほうは、四柱推命、九星気学、しびと数、イーチン(韓国)など

西洋のほうは、西洋占星術、七曜占い、数秘術など。

このほかにタロット占い、手相、人相占いなどがあります。

一通りやってみると、自分にあった占いがわかってきます。

自分の場合は、西洋占星術、ボイド占星学、九星気学、タロットがあってます。

手相、人相占いについては、ほぼ全員がこれで占えます。心身相関を利用しものですから。医術と関わり合いがあるからでしょう。

私は、独自の理論で 27宿 宿曜占星学を開発中です。

理論的には、27宿 宿曜占星術が太陰暦を使うのに対して、これは西洋占術のホロスコープを使います。その基本は石川原孝 先生のボイド占星学を基本ににしてます。

宿曜学の基本は太陽と月と星によって占う。これにボイド占星学を加えることによって明確な心身相関を宇宙体現の形式で立証、確立するものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)