« 立秋からの足跡張 | トップページ | 秋分からの足跡張 »

2006年9月22日 (金)

マザーのように

あなたの心の水さしが愛にみたされなければ、あなたは傷ついてしまいます。

あなたが、もしも自分を愛せないなら、私があなたを愛します。

あなたが、もしも自分を許せないなら、私があなたを許します。

ですが、これだけは覚えておいてください。

あなたが本当に自分を愛せるようになるまで、見守る愛。

これは、応急処置のようなものです。

あなた自身の力で、あなたを許し、愛してください。

そして、あなたの心の水差しを満たしてください。

そして、あふれだすようになったら、あなたのまわりの人にわけあたえてください。

もしも、またあなたが、自分を愛せなくなり、心の水さしが減ってきたら、今度はあなたのまわりの人たちがあなたにわけあたえてくれるでしょう。

そのとき、本当の意味で生きること。助け合うことの意味をあなたは知るでしょう。

|

« 立秋からの足跡張 | トップページ | 秋分からの足跡張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 立秋からの足跡張 | トップページ | 秋分からの足跡張 »