« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

8月のVOIDカレンダー

1(火曜) 10-55から22-09    天秤から蠍へ

     *2(水曜) 17時47分 ハーフムーン

3(木曜) 18-09から4日(金曜)8-14 蠍から弓(射手)へ

6(日曜) 04-23から 14-21  弓から山羊へ

8(火曜) 10-45 から 16-48 山羊から水瓶座へ

   *9(水曜)19-55 満月

10(木曜) 7-59 から 17-11 水瓶から魚へ

12(土用) 16-18 から 17-23 魚から羊へ

14(月曜) 9-15 から 19-01 羊から牛へ

16(水曜) 10-52 から 23-.08 牛から双子へ

  *16(水曜)10-52 ハーフムーン(牡牛座)

18(金曜) 21-31 から 19(土用)6-04 双子から蟹へ

20(日曜) 16-07 から 21(月曜) 15-34 蟹から獅子へ

  *23(水曜)15-24 太陽 乙女座にIN

23(水曜)15-20から24(木曜)03-09  獅子から乙女へ

  *24(木曜)04-11新月(乙女座)

26(土用)04-01から16-02 乙女から天秤へ

28(月曜)17-02から29(火曜)04-57 天秤から蠍へ

31(木曜)05-43から16-01 蠍から弓へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

子供

子供は希望の光。

どんな未来がまっていようとも、私たちには及びもつかないアイデアを出してくれる。

赤ちゃんを育てる時間がないというけでど、真に望めばとれます。

不安な未来を払拭する、子供達。

混沌とした世界だからこそ、子供を育てる時間をとることが大事なのです。

希望を捨てないで生きていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月20日 (木)

日本が好き

天竜川決壊などの豪雨被害にあわれている方々お悔やみ申し上げます。

この先、消費税などがUPしていったら、お金持ちは海外に逃げていくといわれてます。

多少は海外に移住する人も出るでしょう。

でも、かつてソビエトが他国に食料をもとめて他国に侵略した時代、温暖で食料のとれる ほうに移住すればいいだろうに、やはり極寒の大地に帰っていきました。

海外でも、温暖化の影響でいろんな被害が続出してます。

日本固有の津波が国際語として通用する時代になりました。

日本では、全ての自然現象がみられます。

地震、火山、台風、津波、etc

地震のない国が存在する。ブラジルとかでは発生しないのですね。

火山のない国が存在します。

台風、ハリケーンにあわない国が存在します。

津波のない国が存在します。

日本には四季が存在します。気候がおかしくなったとはいえ、間違いなく、

春、梅雨、夏、秋、冬、が存在します。

冬に雪が降りスキーができる、、真夏の太陽のもとで海水浴ができる。稀な国です。

歴史的にみても、農耕民族として、お米の文化が古くからありました。

外国のかたから、見たら、自然災害が多い国だとおもわれるでしょう。

小さな島国に 1億数千万が住む、鳥小屋のような生活と言われるでしょう。

それでも、日本が好きです。と言えます。そのことに誇りをもてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

少子高齢化

先日発表された統計で、ついに日本がはえある 少子化率、高齢化率のダブルNO1となりました。

高齢化と少子化どちらが問題かというと、少子化です。

私をはじめとして、30代付近の方が子供をもっているかたが少ないんです。

なんと60%越えです。 晩婚化、未婚化と晩年での出生は負担が大きい。という理由があります。また、恋よりも仕事に生きてきた勢いで、なかなか男女の恋愛に結びつかず、今更、おみあいをしようという気にもなれない。という現状があります。

子供をもっている親が少ないわりに、1.25という率は、生んでいるかたは二人以上生んでいるかたも多いということをしめしています。若い世代の方は、1人から3人生んでいるかたが多いわけですね。

本格的な少子化対策にやっと乗り出した感じのある政府ですが、地方の財政をもっと増やしてもらいたいです。

少子化率が進展してるわりに、保育所が足りないというのが解消されない。

最近では、安全対策という指標もあります。

保育所を立てるには、予算が必要,多くの場合、それは地方の予算であって、国の予算ではない。

子育て支援も地方のほうがきめ細かく出きる。

消費税UPするならば、国と地方の割合を勘案してもらいものです。

余計な補助金(交付金)は削って、制度を見直してもらいたいです。

スクールバスの普及とか、色んなことをやってもらいたいです。

3歳までの死亡率を見てみるとあまり改善していません。

医療費負担も改善してもらいたいものです。

まだ、出産までの費用を全額控除するにとどまっていますが、その後の病気等による死亡率を減らすことが大事なのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

地球を愛する。

こんなときだからこそ。

http://blog.livedoor.jp/awe_gale/archives/50476957.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

ウインブルドン

杉山愛がヒンギスを破って4回戦進出しました。すごい。

杉山愛 全英初のベスト4なるかもしれません。

日本人選手で伊達公子以来だと思います。あのときは、準決勝、グラフと戦って、2セット目 0-2から6ゲーム連取でセットカウント1-1.日没順延ならなければ、3セット目の本気のグラフと強い伊達の勝負が見られたのに残念でした。(コンフェデレーションでグラフに勝ったときと似ていた)3セット目が1セット目同様にあっさりとグラフが勝ち、そのまま優勝ました。

今大会は怪我とかで出場辞退が多い中、波乱含みのシード選手敗退が多いです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ワールドカップベスト8対決 

ドイツが開催国の利で、アルゼンチンに勝ちました。

PK戦は引き分け扱いだそうです。勝ち負けなし。

ドイツはワールドカップのPK戦で負けなし。

イタリアが勝ちあがってきました。

イタリア41%、ドイツ42%と共に、ボール支配率やシュート数で負けてますが、試合には勝ちました。

ドイツとイタリアは、対戦成績上、イタリア有利。

イタリアはPK戦勝ったこがない。

ベスト4対決はどちらが勝つか楽しみです。

イングランドとブラジルが敗れる波乱。

ポルトガル対フランスになりました。

PK戦が引き分け扱いなので、無敗で去っていくチームが続出の予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

7月のVOIDカレンダ

2日 15-59から 3日 3-27  乙女から天秤へ

     *4日 1時38分 ハーフムーン 

5日 4-18から14-14    天秤から蠍へ

7日 4-55から23-15 蠍から弓(射手)へ

9日 19-32から 10日 4-26  弓から山羊へ

     *11日 12-03 満月

12日 5-59 から 6-47 山羊から水瓶座へ

13日 23-24 から 14日 8-01 水瓶から魚へ

16日 4-57 から 9-40 魚から羊へ

    * 18日 04-14 ハーフムーン

18日 10-34 から 12-45 羊から牛へ

20日 14-49 から 17-.39 牛から双子へ

23日 0-18 から 0-29 双子から蟹へ

   23日@8-19 太陽 獅子座へ  @3-54 火星 乙女へ

24日 18-08 から 25日 09-26 蟹から獅子へ

  *25日 13-32 新月

27日 09-33から20-37  獅子から乙女へ

29日 22-06から30日 09-28 乙女から天秤へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »