« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月28日 (水)

窮屈な世界からの脱出

あなたの世界は広いか狭いか?

自分の世界を広くもってる人は、人付き合いも上手です。

あなたが今、自分を幸せだと思えないならば、あなたの世界が狭いことを意味してます。

世界が狭いと、人と接触する機会がない。

人と接することが苦手だと、だんだん世界が狭まっていきます。

世界を広くもつことは、その世界にいる人と接することです。

自分の世界は、自分も作っていることを忘れないでください。

物事がうまくいかない場合は、接する人と共有していることを思い出してください。

同じ世界を共有しているならば、認め合い、お互いの力を出し惜しみしない状況を作り上げてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

因果律からの解放

原因があるから結果がある。

これが因果律。

この法則に従って、過去の行いに対する報いがある。

という恐れ。

実は、これが袋小路に至る原因。苦しみのもと。

一段階上に上る。

体・心・魂を常にリフレッシュしよう。

自由とは何か。因果律からの解放。

罪に対する罰という形でしか、因果律を知らない人は悲しいのである。

同じことを繰り返す人が、そこから逃れるためにはどうすればいいのか。

毎日、プラスにつながる習慣を一つ身に付けよう。どんな小さなことでもいい。

人の不幸を見て、私はああならなくて良かったと感謝しよう。

自分が犯罪者にならなくて良かったと感謝しよう。

今日も、生きていて、おいしい食べ物が手に入る。そんな当たり前のことが出来ないところもあるのだ。

何故、平和という言葉が生まれたのか?

平和でない世界があるから。

本当に平和なところでは、平和という言葉は必要ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

立夏からの足跡

39歳になりました。今年もよろしくね。

| | コメント (8)

2006年6月 7日 (水)

王道

王道は、ひとつしかないと人はいう。

確かにひとつしかないように見えるだろう。

それは、基本を忠実に確実にしていくことにほかならない。

一人にひとつづつ王道はある。

その王道を自分で選択するのである。

王道というレールがあるわけではない。

どのレールが王道か、あなたが知っているのである。

あなたが、どのような人になりたいのかをあなた自身に聞いてみなさい。

さすれば、どの道をいくべきか自然ときまるであろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

年金。

皆さんは、何がしかの年金をかけていらっしゃると思います。

今、無収入状態な(年間100万未満)ので、国民年金を半額控除にしてもらってます。

これは、コストパフォーマンスがいいのです。

半額払って、3分の2もらえます。

全額控除というのがありますが、我が家の家計全体の収入が多いためとおりませんでした。

ちなみに全額控除というのは、もちろん払込は0円(タダ)で年金額は半分もらえるのです。

7月に申請を行うのですが、今度から全額負担+付加年金。にすることにしました。

これは、全額負担して、全額もらうわけですが、さらに付加年金(月400)を払うと、200円*払った月数分だけ月々の年金額に加算されます。

例えば、400円*120ヶ月(10年)だと、200円*120=24000円月々加算されます。

この付加年金の部分は年金もらいはじめて2ヶ月で元がとれます。

個人事業主とかの場合、個人年金のみになると思うのでこれはおすすめです。

わたしの場合、前勤めていたところも低収入なので、この付加年金制度はとてもありがたいです。

この付加年金制度は申し込んだ月からしか適用されません。

過去に不払い分があっても、それを全額払ってもあまり得にならないケースがほとんどです。

例えば、私の場合半額控除したものを全額払っても、全額払った扱いにはならないのです。(詳細ははぶきます。)

ただ、期間という問題があります。25年以上払ってはじめて年金が受け取れます。

払うことによって期間を満たすならばそのほうがいいでしょう。

年収1000万とか取る人でしたら、自分で会社作ってでも厚生年金+年季基金を納めたほうが得だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

基本が大事

何事にも基本が大事。

おいしい料理を作ってくれる料理人、どんな工夫をしているんだろうと思って弟子いりしてみると、基本を120%守ってるんですね。

下積みが大事だと言われますが、そのいわれが、手抜きしない料理を作ることです。

今は、浅漬けのもととかいろいろ便利なのがありますが、すべてのものにいえると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

好きこそものの上手なれ

あなたは今の仕事が好きですか?

天職に転職したあい。なんて思ってませんか。

競泳の選手は、泳ぐのが好きだから泳いでるんだと思います。

今、きついと感じるのは、楽しいと感じたあの感覚を忘れているのだと思います。

天才(発明)は、99%の努力と1%のひらめきからできるんですね。

なにげない思いつきは普段からの脱皮です。日常から一歩前進する。

精進するってそういうことだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

のんびり生活と決断力

ぽややんとのんびり、自然と過ごすのはとても大切だったりする。

でも、時代は、時間がとても早く進んでるという。

どうしたらいい?

時計の針はいつもと同じように刻んでるはずなのに、あくせくあくせく、お仕事、お勉強。

何かにせかされてるようだ。

でも、大切なのは、ゆったりとした時間をとること。

そして、集中した時間、瞬間の決断力のほかに何もないはず。

全てのものごとを自分で決定することが大事なのですね。

自分が存在する証は、自分の決断力と行動力。

何かを手早くできることは、できるにこしたことはないかもしれない。

でも手早くできことで得することというのは、自分の決断の上になりたっていてはじめて自分の利になる。会社とか組織の命令に従ってる,雰囲気にのまれてるだけではダメなのだ。

ゆったりと時間をとることは、スポーツ選手が何もしない日をとるのと同じ。

体を休めることで、何かがうまくなることって結構あります。

気合がはいりっぱなしでは疲れてしまいます。

ゆっくりずむと決断力は共存できます。

そしてその効果は普段の鍛錬の数倍の効果をもたらします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

6月のVOIDカレンダ

6月

3日 02.35から05.18 獅子から乙女へ

5日 09.31から18.10 乙女から天秤へ

7日 21.15から8日 0.5.42 天秤から蠍へ

9日 19.11から10日 14.06 蠍から弓(射手)へ

12日 11.35から19.20 弓から山羊へ

*12日 満月 03.04

14日 1.52から22.33 山羊から水瓶へ

16日 17.25から17日01.06 水瓶から魚へ

18日 23.09から19日03.55 魚から羊へ

+18日 ハーフムーン2309

21日 06.21から07.24 羊から牛へ

23日 09.45から11.50 牛から双子へ

25日 09.03から17.49 双子から蟹へ

*27日 新月01.06 蟹

28日 01.04から02.10 蟹から獅子へ

30日 03.25から13.16 獅子から乙女へ    

| | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »