« 日本とインド | トップページ | 密教って? »

2006年3月20日 (月)

信仰の自由

その昔、まだ宗教がなかったころ、そこにも信仰はありました。

また、今のような数学や物理学といった分類はなくて百科学としての科学が存在しました。

私は大地の祝福を受けていることを、強く感じます。

草木と一体となりたいと思ったら、草木の意識を感じ取り、自分の中に草木の存在を感じ取ればいいのです。

また、地球の意識を感じ取りたいと思ったら、同様にすればいいのです。

最初のうちは、精霊たちが手伝ってくれるでしょう。

一旦、精霊達が受けて、私たちの器にあわせて届けてくれます。

ある程度すると、相手の意識に同調してくるので自然とできるようになります。

あとは、器が成長するのにあわせて、流れてくる意識が増えていきます。

必要なものだけを取捨選択できるようになれば、体得したと言っていいでしょう。

これは、密教の奥義の一つです。

|

« 日本とインド | トップページ | 密教って? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信仰の自由:

« 日本とインド | トップページ | 密教って? »