« 地球とともに | トップページ | スピリチュアル(密教って?) »

2006年3月27日 (月)

WBCを終えて

メキシコへの感謝

WBCを終えて、地区予選(1次リーグ)勝ち抜いてきた国は、実力伯仲だったことが証明されました。

アメリカは、日本と韓国が世界レベルに強いとは思っていなかったのです。

メキシコ戦で日本は快勝しました。

このことを受けて、メキシコは日本の実力を認めてくれました。

そして、アメリカに一矢報いたのです。

日本が韓国に敗れた地点で、日本のトーナメント進出の条件は、メキシコが2点以上の点数をとってアメリカに勝つこと。

何とか、薄氷の2点をとってくれました。

この地点でアメリカと日本は失点は5で並びましたが、守備の回数が日本のほうが3分の2おおかったので、守備率が0.01差でアメリカを上回りました。

王監督の運が強かったのですね。ほかの監督だったらこうはいかなかったのでは?

イチローが見直されて、何かうれしい。

彼はもともと、報道嫌いで素直な性格です。

地区予選より1次リーグ、1次リーグより本戦とだんだんと調子をあげていったのがわかります。

少し残念なのは、アメリカ戦でホームラン打ったのに、あまり報道されなかったこと。

負けたこともあるけど、例の審判問題とそのあとイチローの発言のほうが報道されてしまった。

今後、野球人気の再燃が期待されるし、WBCで活躍すればメジャーに入れるという図式が成り立ったようです。

|

« 地球とともに | トップページ | スピリチュアル(密教って?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140794/9287071

この記事へのトラックバック一覧です: WBCを終えて:

« 地球とともに | トップページ | スピリチュアル(密教って?) »