« 方針変更 | トップページ | 宝石の神秘力 »

2006年1月 8日 (日)

惑星の意思

私は、時折、大地の精霊に力をおかしくださいと祈ります。

地球に力をわけてもらうのです。

それは、その土地に住むものの許可を得て何かをやるときにもつかいます。

加納眞士の「本当の自分を見つける方法」アース編からガイア説を引用します。

=====     =======    ======

 地球は生きている。そのことをいったいどれだけの人が本当に知っているのだろう?

 科学者としてはじめて、地球が一つの生命体ではないかと仮説を唱えたのは、イギリスの化学者ジェームズ・E・ラグロック博士だった。彼は、NASAのバイキング計画(火星生命探査計画)に参加して、自らの生命体の定義を修正した。地球に生きているのと同じ生命体を宇宙に求めようとするから、見つけられないだけで、生命の痕跡は大気や海や土壌の中に化学的変化として記録されているのはないかと。しかし、当時は火星に生命体は発見できなかったと発表された。

 ラグロック博士は、その後、産業によって増大する一方の二酸化炭素が地球の温暖化を推し進めるなら、計算上はすでに南極の一部の氷が溶けていくつかの都市は水没しているはずが、洪水はあるものの大規模な氷の溶解は泣く、なんとか均衡を保っていることに疑問をもった。そして、いくつかのデータを検証するうちに、地球は自らの意思でそこに生きている生命体を保護していることを認めざるをえなくなった。彼はギリシャ神話の大地の女神ガイアの名をつけて「ガイア仮設」を唱えたのである。ガイア仮設は、しかし、地球が生命を統括する巨大な有機体システムであると認めた範囲を出ていなかった。

 多くの人は地球は生き物だということをまだ比喩だとしてとらえている。環境保護を訴える人たちも「地球を守る」と言う。本当は「地球からまもってもらっている」のに。私たちは自分であけたオゾンホールさえ、自分で塞げない。(オゾン発生装置により進行を抑えるようにしている)

 地上にいる私達も、心を澄ませば地球の意思を感じることができる。それは何気なく咲く花や小鳥のさえずりの中に、そして、大空にかかる虹の中に見つけることができる。素足で歩いていると、心に問いかけがある。

 「私を愛していますか?」

|

« 方針変更 | トップページ | 宝石の神秘力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 惑星の意思:

« 方針変更 | トップページ | 宝石の神秘力 »