« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

仏教と神教。来年に向けて

仏教というのは、ゴーダマ・仏陀が人間の生き方は中庸であると説いた”宗教"です。

でも、私の中には、もう一つの仏教が存在します。

仏教とはインド神教でもある。ということ。

今、時代の流れは、宗教の源は、唯一つ。という認識をもち始めています。

でも、だからといって、宗教戦争や民族紛争がすぐになくなるわけではありません。

戦争が憎しみを生み、その憎しみが次の戦争を生む。

同様なことが個人の間、会社の間、会社と個人。社会と個人。社会と会社の間でもおきています。

さて、今年は、ローマ法王ヨハネパウロ二世がなくなり、ベネディクト16世が誕生しました。

今年は、ヨハネパウロ二世をはじめとして、ペレストロイカにより冷戦を終結させた2名などがなくなっています。冷戦の時代は終わりを告げたことを意味します。

今、必要なことが何なのか、来年は戌年。そして、木星が天秤座にかかります。

そのとき、計り、ふるいにかけられる、人々、会社、国、社会はどうなっているのか、定かではありません。

暦の上では、1月1日が元旦ですが、東洋占いでは2月5日ころ。西洋占いでは3月20日ころが元旦になります。どのような1年になるか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

英語のワンポイント講座。

mustという言葉がある。貴方は~しなければならない。という風に覚えてる方もいらっしゃると思います。

ここに。特例を記させていただきます。

ある、ご婦人にティータイムのお誘いを受けた場面で、

You must have this cake。

のような使い方をされたことがある方はいるでしょうか。

これは、mustという最上級の表現により、このケーキはとってもおいしいから、食べないと損ですよ。という意味合いです。 

さあ、このケーキを召し上がれ。 となりますね。

must それは、現在選択肢としてできるもっとも最善の方法、行動。(命令だと思って聞くよりもいいでしょう)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月30日 (金)

感謝する心

さて、今年も残すところあと1日なので、感謝して終わりたい。

英語の国なら、Please、Thank you、excuseの文化があります。

May I help youは、営業の決り文句だから、ほとんどのかたはわかると思います。

May Iで ~させていただく。  「お手伝いさせてください。」の意味ですね。

してあげる、よりも 「させていただきます。」のほうが感謝の思いがつたわり、心も晴れやかになります。

日本語には、便利な言葉があります。尊敬語。謙譲語、丁寧語といったものです。

~して差し上げる。という言い方があります。このほうがより自然に感謝の思いをこめて素直に響きます。本当に気持ちがこもっていれば、この「差し上げる」という言い方が一番しっくりくることがわかります。

差し上げる には 心のこもった贈り物という意味合いが含まれてます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月29日 (木)

肉体と魂

心身相関。手相、人相があたるのは、ひとえにそのためである。

人は、この地球に住むにあたって、肉体をもつ必要があった。

そこで、人間が、肉体を作り出したのです。

だから、人間が望めば、肉体を思い通りにつくりだせることになる。

でも、実際には、人は、肉体を作り出した瞬間に、その肉体に執着します。

一生のあいだに顔は結構変わります。

もうひとつ、一旦作られた肉体を変身させるためには、それなりのエネルギーがいります。

水や食料、そのほかに、いろいろな美容道具など。

成長期の不思議。 この子はこれ以上伸びないといわれた人が、20歳くらいで急激に伸びる場合がある。手塚治がそうでした。

それは、心の成長によるものです。

本来、背が伸びたらいいなあ、ではなくて、背は伸びるものと思ったほうが、そのとおりになりやすいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

西洋式インド占星術1

従来のインド占星術(27宿密教占星術)に関しては、

小峰有美子氏、鏡りゅうじ氏、そのた多数のかたがたの著書がありますのでそちらを参考にしてもらいます。

基本。

月が地球を一周するのにかかる時間。27宿に西洋占星術の月を対応させます。

まず3グループにわけます。

第一グループ(お羊、お牛、双子、蟹)

月が牡羊座に入宮する日から9日間。

第二グループ(獅子、乙女、天秤、蠍)

月が獅子座に入宮する日から9日間。

第三グループ(射手、山羊、水瓶、魚)

月が射手座に入宮する日から9日間。

なお、厳密に占いするために、個々人に応じた占命盤を作成したほうがいいです。

簡易版として、27にわけた占命盤は作成可能。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

西洋式インド占星術(序)

インド占星術(密教占星術)は、空海が日本に持ち帰ったものの一つです。

東洋占術は、1日ごとに変わる運命を予測します。

西洋占術は、度数で占います。

これをくみあわせて、新しい占いを打ち立てることが、とりあえずのわたしの目標です。

これを打ち立てて、広めることができる人を育てるかどうかは、そのときになってみないとわかりません。

旧来の西洋占術

アスペクト占い。0から180度までのアスペクトがある。

占いに使う星。内惑星、外惑星、小惑星を含めて10個から20弱。

新西洋占術。

アスペクト占い。0から360度までのアスペクトによる。

占いに使う惑星。臨機応変。太陽と月が最低条件。最大20弱。

旧来の東洋占術

1日単位の占い。太陰暦使用。

順序がたびたび、混乱する。

新東洋占術

1日単位の占い。西洋ホロスコープ使用。

ムーンボイドを適用。

大別して、上記2種類(または統合型)を使う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーラソーマのナイチンゲール

http://www.voice-inc.co.jp/goods_last.aspx?GD1CD=2&GD2CD=3&GD3CD=1&GDCD=523&GDSCD=999

オーラソーマ

ボトルNO B25 フローレンスナイチンゲール

失望からの開放。わたしは失望を手放します。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年12月25日 (日)

西洋と東洋のまじわり

歳星である木星で占う12支対応。

子 射手座(人馬宮:弓宮)   支配性 木星

     I see(理解:わたしはわかる)

丑 山羊座(魔かつ宮)   支配性 土星

    I use(使役:わたしは使う)

寅 水瓶座(宝瓶宮)     支配性 天王星;土星

   I know(認識;わたしは知る)

卯 魚座(双魚宮)    支配性 海王星:木星

   I believe(信仰;わたしは信じる)

辰 牡羊座(白羊宮)  支配性 火星

  I am(主張;我あり)

巳 牡牛座(金牛宮) 地 支配性 金星 

   I have(所有;わたしは持つ)

午 双子座(双児宮・夫妻宮) 支配性 水星

   I think(思考:わたしは考える)

未 蟹座(巨蟹宮) 支配性 月

 I sense(感応:わたしは感じる)

申 獅子座(獅子宮) 支配性 太陽

 I will(意志:わたしは志す)

酉 乙女座(処女宮) 支配性 水星

   I analyaze(分析:わたしは調べる)

戌 天秤座(天秤宮) 支配性 金星

  I weigh(比較:わたしは計る)

亥 蠍座(天蠍宮) 支配性 冥王星;火星

 I desire(欲望:わたしは求める)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月23日 (金)

まんがに学ぶ

男性向けマンガ。

ビジネスジャンプ・スーパージャンプ。

緋が走るで有名な漫画家が、女性弁護士の物語を書いてますね。

設定は、島根の女弁護士。小泉八雲が好きな女性。

男女ともに、親権放棄しているところの仲介。

男性は、経済能力0.女性は経済能力はあるけど仕事一筋。

子供のために働いてるのならば、その姿を見せてやってはどうですか。

と言われて、母親は子供をひきとりました。

エレガンスイブ。

風間宏子 Mの伝説(ダークエンジェルⅡ)女外科医・氷川魅和子が活躍する。

時計先生と呼ばれる、夜回り先生(水野先生を題材にしたのか)が交通事故にあう。

いつも、こわれた時計を身に付けていた。

その時計にまつわる逸話とは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤ちゃん

ついに2005年、人工減少元年になりました。生まれた人数から死んだ人の数を引いた数が10000人の減少。出生者が110万を大きく割り込みました。出生者が100万人を割り込むのも時間の問題でしょう。少なくとも2010年には割り込みます。

赤石路代の市長遠山京香という、ある政令指定都市のH市(Y市モデル?)の物語がある。

そこで、年々出生者は減っているのに、待機児童は減らないという現象があることを謳っている。

要するに、幼稚園はおろか、保育園さえはいれない児童がいるということ。

女性が社会進出することによる弊害は多々あります。

女性が働くというだけでなく、地位も向上してきた。背景で、セックスの問題がある。

女性のほうが、地位が上だと男性がなえてしまうのだ。

女性が結婚すると会社をやめる理由がこういうところにある。

ある女社長は、子供をつくるために、社長をやめました。

先日のブラックジャックで、ある女子高生が子供を産んで、ロッカーで育てる物語があった。コナンの前にやってなければ見てなかったけど、後半途中からだけど見たのですがすごく感動しました。

どうやら、お金持ちの女子高生が、赤ちゃんのために、不良グループから足を洗ってたようですね。

赤ちゃんのことが判明してから、両親がやさしくなったというハッピーエンド。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

大停電

新潟県、都市機能麻痺。わたしの住んでるところはもちろん、新潟市、長岡市の2大都市圏まで。

電気がなければ、電車は動かない。

車で移動しても、信号がついてない。

電気がないと電話できない。

建物の中って、昼間でもこんなに暗いんだあ。

窓がいかにないか、高断熱・高気密住宅の影響。

ろうそくと懐中電灯のお世話になる機会ってあんまりない。

電気こたつをしまって、豆炭こたつ出そう。(豆炭がない)

電気ポット、電気がないから、スイッチ押せない、お湯があるのに、出ない。

UPS(無停電装置)も20分くらいしかもたない。

雪明りって便利だね。

復旧作業。

床暖房の確認。

ビデオの時計設定。

電話とか確認。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月22日 (木)

心と体(詩)

聖域。(サンクチュアリ)

この聖域がわたしのお城。

ここにいるかぎり、何も怖いものはない。

わたしの自由はこの聖域では約束されてるのだから。

わたしのお城、いつまでもいられたらいいのに。

時間が訪れる。

わたしは、今日も戦場に駆り出される。

わたしは、今日、誰に出会うだろう。

わたしは、今日、誰と別れるだろう。

わたしは、今日、何人をはげまし、元気づけられるだろう。

わたしは、今日、何人を傷つけるのだろう

~~~~~~~~~~

さようなら、マリオネットのわたし。
わたしは、自分の意志で、歩き出す。
今、新たに創り出される私。
そして、はじけだす、パッション、私の想い。

冬苺さまの「大人になる」につけたコメント。

~~~~~~~~~~~~~~~~

人の心は脆くて弱い、人は卑怯にできている。だからこそ信じる心が大切。

わたしは、何度、裏切られても人を信じたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~

人間の心はどこまでまあるくなれるかな。

正6面体よりも正20面体のほうが、よりまあるくなってる。

あなたのこころは、正何面体?

~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたの手の温もりを忘れない。

あなたの言葉の温もりを忘れない。

あなたの心の温もりを忘れない。

~~~~~~~~~~~~~~~~

種をまかなければ芽がでない。

芽が出てても、水をやり肥料を与えてなければ育たない。さらに太陽の光をも必要とします。

~~~~~~~~~~~~~~~~

自分の無力に嘆くよりも、自分を成長させることに時間を費やしなさい。

~~~~~~~~~~~~~~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピリチュアル(詩)

精霊の言葉

人は何故うそをつくのでしょう。

うそをつくことは言霊に反する行為。
私には恐ろしくてできない。
うそを言うことの先には、耐えがたい苦しみが待ち受けてるのですよ。

人間の身では、一生は短いかもしれないけども、一度ついたうそは
千年、万年に影響をおよぼすこともあるのです。

~~~~~~~
ピュアな心ときれいな空気があれば、
そこに精霊(妖精)は現れる。
天使にだってあえる。

~~~~~~~

人間(ひと)は一瞬のきらめきを信じて、この地球(ほし)に生まれてくる。

~~~~~~~

精霊は常にあなたの心の中にあります。
天使は、いつもあなたを見守ってます。
ハイアーセルフとは天使であり観音さまであり、あなた自身です。

~~~~~~~

地球のほうに向かって両手を向けて、大地のエネルギーをもらおう。大地の精霊との契約によって、あなたは地球(この星)に守られている。

星空に向かって、両手をひろげて、天からのエネルギーをもらおう。星からの光のエネルギーはあなたに、十分な活力をあたえてくれる。ファンタジック!

天と地と精霊の御名によって、あなたは生かされている。

~~~~~~~~~

闇には実態はない。

ただ、単に光が届いてないだけ。

光に満たされれば、そこに闇は存在しない。

~~~~~~~~~

十字架は、天と地と精霊にわかれている。横になっているところが精霊、あなたのそばには常に精霊が見守っている。そして、上が天(宇宙、神)、下が大地(地球)である。

~~~~~~~~~]

自分の無力に嘆くよりも、自分を成長させることに時間を費やしなさい。

~~~~~~~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほほえみ

人間というのはかしこい動物です。

いつも笑顔でいれば、自分を攻撃する人はあまりいません。

疲れている人でも、笑顔につられて元気がでてくるものです。

微笑み返しで、さらにパワーアップします。充足感が得られます。

もうひとふんばりがんばろうと思います。

いじめっこでもいじめをやめます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

結婚と子供

今日は、頭の中がいっぱいで、つらつらと書き出していきますね。

だから、あまり深く意味を問わないでくださいね。

一昔前までは、子供が出来てから結婚するのは恥ずかしいこととされていました。

今では、出来ちゃった結婚はあたりまえになってます。縁がなければ子供は生まれない。

それでも、世の中には、あふれるほど、独身の男女が存在してます。

結婚に向いている人は、世の中に3分の1、向いてない人は3分の1、どっちでもない人が3分の1いるともいわれてます。

せっかく生まれた子供も、捨てられたり,不幸な事故で両親がなくなったり、いろんな事情で施設にひきとられている子供がいます。

そして、子供に恵まれない親がそういった子供を引き取りたいと願います。

しかし、細かい法律とかいろんな壁があって、養子に引き取りたくてもできないケースはたくさんあります。

子供が20になったとき、親は60を超えていてはならないとかいろんな決まり事があります。

最近では、いろんな事件がおきていて、さらに厳しくなるのではと懸念が走ります。

逆に、虐待を受ける子供も、年々増えています。

年々増えつづける、AC(アダルトチルドレン)、AC予備軍。

愛に飢える子供達がそのまま育ってACとなります。(すべての人がそうなるわけではありません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

青い石

ケイシーのリーディングで何度か出てくる青い石。

80年代ころに、それはラピスラズリだとされていた。エジプト遺跡から数々のラピスラズリが出てくることから注目を集めた。

実は、アズアマラカイトという石であることが判明。

アズライト、マラカイトはこれが分離したもの。アズライトはところどころに緑色がまじっている場合があるのはこのため。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

本来の自分

あなたにとって助けとなるものが理想の自分である。

本来、仕事というのは、あなたの助けになるようなものを選んでやるべきである。

そうすれば、おのずから必要なお金、物、人の流れができあがっていく。

あなたのハイアーセルフがあなたをよりよい方向に導いてくれる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

先達者の方々

三村寛子先生。

加納眞士先生。

お二方には、大変多くのことを学びとることができます。現在進行形。

石川げんこう先生。

ムーンボイドの生みの親。

シャクティー・B先生。

西洋占星術、密教占星術、タロット占い、ルーン占い、

TFT医療(アルゴリズム)

辛島宣夫先生。

エジプシャンタロット占い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先達者と仲間達

先達者

るるらぶあ先生。

西洋占星術の基本はこのかたの著書から学びました。わたしは一回しかあったことありませんが、すばらしいかたです。

ルネ・ヴァンタール・渡辺先生

西洋占星術の大御所ですね。

秋月さやか先生。

西洋占星術に心理学をくみあわせた占星心理学の第一人者。

エミールシェラザード先生。

ルネ先生のお弟子さん。西洋占星術、タロット占いほか。

結城モイラ先生。

西洋占星術、手相術など。

ジョージ土門先生。

辛島宣夫先生のお弟子さん。エジプシャンタロット占い、西洋占星術など。

沖門土・海界めい先生。

お二人で西洋占星術、タロット占い。

石川げんこう先生。

ムーンボイドを発明したかた。

浅野八郎先生。

東洋占いの大御所。八層月占い。

前田美和子先生。

日本神道系。1霊4魂占い。カラー占い。

小峰有美子先生。

27宿・宿曜占星術。

現在活躍されている方。

小泉茉里花先生。

タロット占い。

岡本翔子先生。

アラン・レオ式西洋占星術。 エドガーケイシーの魂の占星術・訳者。

鏡リュウジ先生。

宿曜占星術。西洋占星術。タロット占い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セラピー目次

オーラソーマ

オーラソーマセラピー

http://luna-astro.tea-nifty.com/celtscayce/2005/11/post_e031.html

いるか

http://luna-astro.tea-nifty.com/celtscayce/2005/12/post_b319.html

明月観想と呼吸方法

http://luna-astro.tea-nifty.com/celtscayce/2005/11/post_5162.html

神秘の月光浴

http://luna-astro.tea-nifty.com/celtscayce/2005/11/post_84d6.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月17日 (土)

イギリス

なぜか、わたしは、小さいころからイギリスが好きだ。

おばあちゃんの知恵袋、園芸をしたり、ゆりイスであみものしてるおばあちゃんって好き。

チェックの柄も好きだし、紳士・淑女の文化も好き。

英国占星術協会をはじめとしての占いの文化が好き。

ホームズが好き。(ルパンも好き)。

絵本の国。ケイト・グリーナウェイが好き。マザーグースが好き。

エンヤの音楽、ケルト文化が好き。

ナイチンゲールを生んだ国。

島国ならではの気高き精神。

チェックの柄が好き。

バグパイプの音色が好き。

紅茶の文化が好き。ティータイムを楽しもう。

ピアノの文化。リチャードクレイダーマンが好き。

古城の雰囲気が好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月16日 (金)

今年の漢字は愛でした。

悪魔のささやきがあった人のおこした悲しい事件もあった。

わたしがこのブログをたちあげたときに、天使のささやきがあった人がいっぱいいたように感じます。今年たちあがったブログで天使やスピリチュアル関係がたくさんあります。

光の輝きが強まると、闇がはっきりしてくるのでしょうか。

それとも、光をもとめる行為(行動の仕方)がわからなかったのでしょうか。

闇は光が届かない場所。光を届ける必要があるのです。

愛のある行動は、言葉であり、色であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月13日 (火)

律する心

人間として生きるための心得。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ナイチンゲール

クリミア戦争で、戦地の負傷者を看病したことで知られるナイチンゲール。

彼女は、1920年イギリスで生まれて、クリミア戦争で、今でいう総婦長として抜擢されました。

当時は戦死者よりも、戦争による負傷や病で死んでいく人が多かったのです。

彼女は、このとき30代で、可憐な美少女とは程遠い年齢です。

彼女のすばらしは、当時の宗教者の愛ではなく、衛生的な環境を病人のために与えたことです。

日本では、おはしの文化が歴史的にながいですが、ヨーロッパでは、スプーンが発明されるまでは、手つかみだったのです。

彼女は、衛生的な環境をととのえるために病院の設計もなしました。

衛生的な環境は死亡率を下げることにつながりました。

彼女は、統計を病院の死亡率でしめしてみせました。(彼女は病院の死亡率をグラフであらわし、視覚的に証明してみせたのです。統計学の発展にも寄与したのです。)

彼女は、自費で病院の改革を断行して、それを規範にして、看護婦のあり方、病院の建設に寄与しました。

赤十字のアンリ・デュナンからはじめて、女性で表彰されます。

彼女は、キャリアウーマンの先駆けでもあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年の漢字

毎年、1年の事柄を漢字1文字であらわす。

今年は、愛です。

愛地球博の開催。

愛の足りない事件。

皮肉なものです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年12月11日 (日)

ハイアーセルフ

人はこの世(地球)に生まれるときに、ある程度の役割や使命を担って生まれます。

そのことを覚えてるのは、ハイアーセルフとよばれる、あなたの超意識。

ハイアーセルフのことを愛だと表現する人もいます。

ハイアーセルフは、あなたの過去から未来までを刻む、あなたの魂の記録(アカシックレコード)とのパイプ役です。

ハイアーセルフは常にあなたを正しい方向に導く答えを知っています。

あなたが正しくイメージして、思考として定着させたとおりに行動するならば、必ず道は開けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

受胎

あなたは「自分が間違って今の家庭に生まれたのでは?」という疑問をもったことはないだろうか?どうも親や兄弟とはうまくいかないし、誰にも理解してもらえない。

よく自分は別の世界の住人で、いつか誰かが迎えにくるんじゃないかというファンタジーをもつ子供もいる。

ケイシーのリーディングによると、一般に母体となる人は、降りてくる魂である赤ん坊を選択できないと解説している。

胎児は、両親となる人たちをとりまいている霊的バイブレーションを感知して、それを選んで降りてくるのだ。そのとき母親は、受胎に対して何の感応力ももってはいないという。

受胎は、母親の周りをとりまく霊的バイブレーションと、胎児であったあなたの肉体と魂との感応による出産であって、あなたの母親は何もそれに関与できないというのが通常なのだ。そのほうが、母親が生まれてきたこどもに「自分がつくった」という所有欲をもたないのでよいのだという。

最近、新しい発見があった。母親になる人の魂が生みの親である母に受胎するときに、もうひとつの魂が側にあらわれることがある。そして「次はあなたのこどもとしております」と言う。

それは忘却の彼方に忘れ去られてしまうのだが、未来に誕生しようとする子供の魂はそれを覚えている。そして、自分が地上におりるときに、進化のプログラムの変更がなければ予定通りにおりるのである。

こうして、親から子へ、子から孫へと魂の「約束」はつながっていく。

それが家系であり同じ魂のグループで構成された霊統である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 8日 (木)

本との出会い

人が成長するのには、人から教わることと、本から教わることがある。

本との出会いは、運命的な要素が絡んでいる。本を読んでいて、すっと頭にはいってくる。夢中になれる。

それは、本を選んだ時点ですでにその本のことを半分理解しているから、あとは、繰り返し読むことで、その本の本質と本を書いた人の考え方や感じ方が理解できるようになる。

また、時間を隔てて、読み返すと時代に応じた理解をしやすい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

NO TITLE

この前、東京にいったとき。この日を選んだ理由。それは、神霊月(新月になろうとしている時期で、わたしの誕生月齢)であること。そして、27宿の胎宿にあたっていること。(わたしは、旧暦でなくて、ホロスコープを使った27宿占いをやっている)

夜明け前の原宿で、丁度はれていて、月の出が見られた。神霊月だから、太陽より先に月が昇る。原宿で、明治神宮が開館されるまで、月を見ていた。新潟は曇りか雨が多い。

わたしにとって、真冬の月の出をみられたことは幸いである。

日がのぼると、月や星はみえなくなるが、確かにそこに存在していることを感じられる。

15夜ならば、太陽と反対のところに月があるから、太陽か月どちらかが、私達を照らしてくれる。たとえくもっていても、そこにあると感じることができれば一人前の星見になれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

イルカ

イルカはわたしたちを癒してくれる。イルカの知能がすぐれているからといって、人間なみに進化することをねがってはいけない。イルカにはイルカの進化力があって、それをこえることはできないからである。

以下は 加納眞士 癒すこと癒されること   第7章アースヒーリングからの抜粋。

~~~~~~~青の惑星の癒しの使者~~~~~~~~~~~

フロリダの南端、さんご礁の島々のつらなるキースの海。

実はキーズを訪れた目的は、グラッシーキーにあるドルフィン・リサーチ・センターの見学のためだった。そこでイルカと一緒に身体や精神に障害を持つ子供達のヒーリングセッションを行っていることを聞いたからである。

スタッフは全員がボランティアでT-SHUTSにジーンズのショートパンツ姿というラフな格好である。これが日本だったらどうだろう。外国から予約をいれてきた客に対して、スーツを着て出迎えるであろう。

国や習慣の違いもあるが、イルカという水の精霊といっしょに暮らしている、何も飾り立てる必要のない人たちと文明のフィールドの枠の中にいる私達との違いのような気がした。

~~~エレン~~~

その日はアメリカのABCテレビが撮影にきていた。

エレンは7歳の女の子で、表面的には健康に見えた。だが、強度の自閉症で感情を表さないという。

撮影は両親の承諾のもとで行われているようだった。自分の子供がそれで癒されるなら、また、子供と同じような病気で苦しんでいる人たちの助けとなるならと、語っていた。

博士はエレンをそっと抱きかかえてみずからプールの中に入っていった。そして待った。

すると、2頭のイルカが現れた。イルカたちは、ゆっくりと博士とエレンのまわりを泳ぎはじめた。エレンが彼らを恐れているのを敏感に察知しているようだった。

無理もない。生まれてはじめてイルカを目の当たりにしたら、その大きさに驚いてしまう。エレンの博士にしがみついている手がこわばっていた。緊張して力が入っているのだろう。岸辺では母親が心配そうに見ている。

そのうち、一頭がすうっと近づいてエレンに鼻をすり寄せた。博士はエレンの手をとって何かを語りかけている。が、小声なのでこちらまでは聞こえてこない。どうやら「さわってごらん」と言っている様だった。それでもエレンは怖がって手を出そうとはしない。

すると、もう一頭がエレンのそばで優しく鳴いた。 「クルルルル・・」

エレンはびくっとしたが、その「びくっ」は、先ほどまでの感情とは変化しているようだった。彼らが自分を脅かす存在ではないらしいことを本能で知ったようだった。

最初の一頭がまた鼻を近づけてきた。今度は博士はエレンの手をとろうとはしなかった。エレンの好きにさせておいた。エレンはじっとイルカを見ていた。もう一頭がまた短く鳴いた。「さわってごらんよ」とせかしているような声だった。エレンはそっと手をのばした。そこにイルカが自分から鼻を伸ばしてきた。エレンは思わず手を引っ込めてしまった。だが、今度はその顔に恐れの感情は浮かばなかった。博士は辛抱強く待っていた。博士は知っていたのだ。自分がこの少女に今してあげられることは待つことだけあることを。

エレンはそれからも自分から手を出そうとはしなかった。それでも、イルカに触った手をじっと見つめていた。イルカたちは、今日はここまでというように去っていった。午前中のセッションはそれで終わった。ぼくは聞きたいことが山ほどあった。だが、母親はもっと知りたかっただろう。それでも彼女は黙っていた。ぼくも何もきかないことにした。

~~~アラン~~~

午後はアランの番だった。

アランは8歳の男の子で、生後半年で高熱のため全盲になり、全身小児麻痺にかかっていた。

アランは最初母親の腕の中で泣き喚いた。未知の恐怖が彼を支配したのだ。母親はなだめるように彼の頬をなで、キスをして抱きかかえた。スタッフが母親の横からそっと手を添えた。

博士は「さあ、アラン怖がることはないよ。今から友達を紹介するから」と笑いながら水中で待っていた。博士がアランを抱きかかえると、アランは泣き喚いた。知らない人の触感と母親から引き離された孤独感、そして、水の冷たさのためだった。

アランは動かない手足を必死に動かして抵抗した。博士はその大きな体でアランを優しく、しかし、しっかりと抱きしめていた。岸辺からは母親がアランに声援を送っていた。

今度は1頭のイルカが現れた。ここでは面白いことにイルカの自主性を尊重する。

現れたイルカは例によってアランの周囲をゆっくりと回り始めた。ネイサンソン博士によると、この周回は、人間の医者の触診と同じようなもので、水に放射される人間の波動で、その人間のどこが病んでいるのかがわかるのだという。それがエレンのように精神の障害であっても、水に放射されるエネルギーで敏感に読み取るのだと言った。

イルカがアランの身体にすり寄ってきた。先ほどのエレンのときには、距離をもって近づいてきたのに、アランのときには、いきなり身体をよせてきたのである。まるで、アランが目が見えなくて、触感が彼の主要な感覚であることを見抜いたようである。

アランは、その違和感に驚いて、さらに激しく泣き喚いた。それでもイルカはじっとしていた。身体をすり寄せたまま動かなかった。博士も黙って待っていた。アランは泣き止まなかった。イルカはすっと身を引くと、また周回を始めた。泣きむずかる子供をどうやってあやそうかと考える老医者のようだった。

今度はイルカがアランのすぐ側でお腹を見せた。イルカがお腹を見せるのは、相手に危害を加えない安心の表意である。

だが、目の見えないアラン少年に、それが伝わるのだろうか。

この世のすべては波動であると知っているぼくも、ともすれば「見えている」ことに囚われてしまう。「感じる」ことを大切にするのが、ヒーリングの基本である。イルカの行為は波動である。その波動を視覚という感覚をもたないアラン少年は、普通の人異常に敏感に感じるはずだった。アラン少年がふいに泣き止んだ。そして、何かを探すようにイルカのほうに手を伸ばしたのである。それまで、おろおろしていた母親が安心したようにイスに座った。

その変化は岸辺で見ていたエレンにも伝わったようだった。.彼女は黙って興味深げにその光景を見ていた。その表情には、何らかの意思が浮かび上がってきそうに感じられた。

そのときである。ふと自分の足元に気配を感じたぼくは、そこに3頭のイルカが集まっていることを知った。3頭ともお腹を見せてくれていた。一頭が「マァーっ」と鳴いたそしてもう一頭がぼくの不自由な左足に鼻を摺り寄せてくれたのである。ぼくは、自分の身体のことをスタッフにも博士にも言ってなかった。なのに、イルカたちは知っていたのだ。「癒されるべきは、あなたもだよ」と言ってくれているように思えた。思わず胸が熱くなった。

~~~ イルカヒーリング 完 ~~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

現代社会の恐怖

ある友達が言った。「今はスピードの時代だろ」。わたしはそれに対して何も言わなかった。

空気を読んだのか、その話題はそれで打ち切りになった。

1日に1個しかつくれないものを、機械化で1日に10個作れるようになったら、10個作ったら、90日間お休みがとれるね。って思いつかないのかな。

1日に10個作れるなら、10日で100個作れる、って考えてしまったのよね。

何故、10万で売れるものを、1万円まで値下げする「努力」が必要なのかな。

努力してまで値下げして、儲からないから、給与削減、人切りのリストラって、変だと思わないのかな。

現代病と、精神病は、表裏一体。何故、こんな世の中になってしまったのか。

ある議員の発言にこういうのがあった。

地方交付金を削減して、そのかわりに地方債を発行するのだったら、何ら変わらない。

それを監視するシステムが必要だって。

地方の財源確保は、地方の独自の文化に根付くものであって、ムダ使いではないはず。

前の、交付金制度のシステムに問題があったのを素直に認めたらどうだろう。

本当は1000万のものを建てたいのに、交付金の制度のために3000万のものを建てたってことに気づくべき。少ない金額の建物だと交付金があまり出ないって変だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 2日 (金)

地球とともに生きる

第3次世界大戦がおこって、核ミサイルのボタンを押し合うと、核の冬が訪れるといわれている。でも、本当にそんなことがおこるのだろうか。

皆さんは、今までに核実験が何千回、行われてるか知ってますか。それでも、地球に核の冬はきてないし、放射能まみれにもなってない。

放射能に汚染された地帯が存在していても、それを治癒することができるのが地球です。

温暖化が進んでも、それで地球が滅ぶの?

わたしたちが、地球の治癒力を信じれば、地球は元通りになります。

銀座に人工の干潟をつくろうとしている人がいます。

それは、必ずかなうと信じているから。干潟が出来て、絶滅寸前の生物が生き残れるし、絶滅したと思われていた生物も、存在することができます。

温暖化をストップすることができるのは、わたしたちの意思にかかってます。

地球がわたしたちを生かしてくれていることを感謝します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

BBS

2005-12月からのコメント用です。

足跡、コメントはこちらへ

| | コメント (53)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »